*

Home > Animation

IR_icatch

Immersive Room
2012/01/29〜2/22 制作

Outline
映像インスタレーション, 4’00″, 音声有り
Canon 7D, After Effects, Photoshop, BenQ SP890, SONY VPL-FH35

Abstract
空間がもつ条件の下で、制作から鑑賞までを行う映像インスタレーション作品。
アニメーションを用いてその空間の可能性を映像化した。空間に映し出された幻想は、鑑賞者の想像力と好奇心を誘い、目の前にリアルな空間として立ち現れる。空間を介して見る動きから、鑑賞者は空間への没入感を体験する。ただしその体験の根拠は、個人の記憶や経験を起因とするものであり、鑑賞者はただ、動きそのものに想像力や好奇心を傾けるのみである。


This work is an experimental video installation. People will watch a video of the space that they are in. This will give them a feeling of movement through that space. Although the moving images will be the same, each individual will see and undergo the images in their own unique, personal way, depending on their own memories and experiences

Record:
IAMAS 2012 GRADUATION EXHIBITION」 出品。個人作品ページ
第18回 学生CGコンテスト」 作品ノミネート
第16回文化庁メディア芸術祭」 アート部門 審査委員会推薦作品
神戸ビエンナーレ2013」 出品
文化庁メディア芸術祭 富士の国やまなし展」 出品

Archive



卒展イベント「Point of View – 出展作品から」でのプレゼンテーション。
(49:20頃〜)

Ads by Sitemix